パン屋で働く前には、リラクセーションサロンで働いていました。

リフレクソロジーの学院に通い、複数店舗展開しているサロンのオープニングスタッフとして就職したんです。

サロンでは手や足のリフレクソロジーをはじめ、ヘッドトリートメント、アロマボディトリートメントに従事していました。

アロマボディをサロン内研修で学び、施術に携われたのはとても嬉しかったです。

もともとアロマセラピーに関心があって、通信で学んでいたから。
(今は更新してなくて資格は手放してますが)

 

実際にサロンで働くと、ほんとに色々ありました。

越えなければならない難関、学び。

 

そして何といっても、当時の私は今よりも人から気を受けやすかったように思います。

施術後に具合が悪くなる事もあり、その為の対策として色々試しました。

リフレの仕事に携わったことで、この体質が明るみに出て、その後の数々の事への関心や学びにつながりました。
自然療法など各種セラピーなどに、ますます関心が高まっていきました。

ポケットに塩を忍ばせたり(笑)、レイキと出合ったのもこの時です。

結果的には自己管理がなってなかったんでしょうね。

どうしても具合が悪く、仕事を休まざるを得ない事が続いた時期があったんです。

その時に言われた上司の一言。

「そんなに仕事するのが嫌なんだね。」

ショックで悲しくて、これを聞いた瞬間に全てが吹っ切れました。

もうここで得るものはないかも…

技術や知識において目標にし、尊敬していた先輩がお店を離れた直後の出来事でした。

 

サロンでは、ひとりひとりのお客様にじっくり向き合うというよりは、施術を行なうことに重点がおかれていました。

お客様へのフィードバックも短く、簡単な一言アドバイスのみ。

 

働いていくなかで膨らみ始めた思いがありました。

 

もっとひとりひとりのお客様にじっくり向き合いたい。
施術して終わり!ってクルクル回転寿司みたいじゃなくて(笑)

その不調の原因がどこにあるのか、どうしたら改善されていくのか。
そういった事にもっと向き合いたくなっていました。

 

もちろん、回転の良いサロンは気軽に利用できるので、とにかく疲れが取りたい、リフレッシュしたいという方に合っていると思います。

ひたすら施術させていただいて、多くの方の体に触れる事ができたのは財産だと思っています。
まず、こういった形態のサロンで働けて本当によかったです。

 

今思えば、そういったサロンに対する思いなども、自分の体調としてあらわれていたんですね。

あの時の上司の言葉は、的を得ていたのだと思います。

すごく良い職場で、みんな仲が良かったので環境的にとても恵まれていました。

 

ただ私の思いと歯車が合わなくなってしまっただけ。

 

まずは体調を整え、じっくり今後の人生に向き合おうと、次が決まらないままに退職しました。

 

「また自分らしいカタチで復帰すること」

 

そのことを胸の奥にしまいつつ。
(奥にしまいすぎて、もうリフレはやらないと思っていた時期もあったけど…笑)

 

そして退職した翌日から、成田山新勝寺の断食道場に修行に行きました。

なかなかエキセントリックで、自分にとって印象的な退職の流れです(笑)

 
LINE@始めました☆

★ご登録いただくと、「天使との絆が深まる☆エンジェルリンクグリッド」1回プレゼント!

・先行のお知らせなどの情報配信
・ご登録いただいた方への無料イベント
(不定期開催の一斉ヒーリングやカードリーディングを企画しています)

などを配信しています。

LINE@のご登録はこちらから

または@grn3271tでユーザー検索か、 下記よりお願いします。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。