リフレをやるとバカになる
リフレをやると早死にする

やめた方がいい

 

これは以前、私が言われた言葉です。

あるセラピーを学んでいる時、講師の方に言われました。

 

その時の私は、リフレクソロジーなどボディーワークを自宅サロンで再開できたらいいな、と夢見ていました。

この時は住環境的に不可能だったので、まさに夢見ていたのです。
いつかできたらいいなって漠然とイメージを描いていました。

 

経験豊富な尊敬している方からの言葉を、一時期は真に受けていました。

ショックだったし、正直もうリフレはやらないとまで思っていた事もあります。

今思えば、腹が据わってないというか、根無し草のようだなと思います(苦笑)
あー恥ずかしい!

現実的に自宅サロンが厳しい状況のうえ、ボディワークよりもフラワーエッセンスやヒーリングに関心が強まっていました。

それも手伝って、ボディワークの道を閉ざしていた時期があったのです。

 

(西洋式)リフレクソロジーは主に親指を使って行ないます。
親指は反射区でいうと頭部の反射区。

リフレクソロジストが親指を酷使する=頭への刺激が多い=バカになる

足裏からは不要なエネルギーが出る=リフレクソロジストがダイレクトに気を受ける=早死にする

 

講師の方はきっと、このような考えからの発言だったんじゃないかなぁと思っています。

真意はわかりませんが、いずれにしても印象に残っている言葉です。

心に引っかかっていたのも事実です。

今の私は、それでもリフレがやりたいと思っています。

もうすでにバカかもしれないし(笑)、自分の中からわき上がってくる思いを大切にしたいです。
何をそんなに怖れていたんでしょうね。

バカで結構!

 

小さな小さなスペースだけど、リフレクソロジーができる環境がある今。

やっぱりボディワークがしたいし、好きなんだなぁと思います。

マトリョミンもパン作りも、ボディワークも、とにかく手を使う事が好きみたいです。
不思議。

でもパティシエみたいな細かい作業は苦手です(笑)