ここのとこ、ブログが彼の事故に関する事ばかりになってます…

それだけインパクトがあって、学びや発見も多くて、
エネルギーも大きく動いた出来事でした。

事故後の3日間位は、とにかくよく泣いていました。

涙は浄化とも言うけれど、本当に何か洗い流してくれているようでした。

 

涙が出るたびに、何で泣いてるの?と自分に問いかけていました。

彼の姿が痛々しいから?

そんな姿を見るのが辛いから?

手が今まで通りに使えなくなるかもしれないのが心配?

それが可哀想だから?

それによって、生活が変わるかもしれないのが怖いから?

などなど…

 

全部当てはまるような、しっくりこないような。

よくわかんないけど、とりあえず泣きたいだけ泣いてました。

 

1人で食事の出来なかった彼のサポートをしていた時のこと。

食べ物を口に運んであげていたら、

「しあわせ」

彼が言いました。

その一言を聞いた途端、ぐわーっとこみ上げてくるものがありました。

感動して涙が止まりませんでした。

 

口を開けるのも大変な傷だらけの顔で、後遺症の心配も拭えない状況での彼の一言は衝撃的でした。

私は何を心配して、何を不安に思っていたんだろう。
結局は、自分のことしか考えてなかったのかもしれない。

 

彼の言葉を聞いて、もし万が一後遺症が残ったとしても、
彼の手となってずっとサポートしていこうと、心の中で固く誓いました。

 

あの時の情景が焼きついていて、思い出すと涙がでるのですが、
当の本人は全く覚えていないようです(笑)

 

こんなに感動させておいてなんなんだよ!って感じですが(笑)、
手も順調に回復しているようで嬉しいです◎

 

涙にはいろんな涙がありますね。

 

☆お知らせ☆
9月より脳のデトックス・アクセスバーズのモニターキャンペーンを行います。
ご予約・お問い合わせお待ちしています◎