先月のある日、タットさんのハンドリーディングを受けました。

町田で月いちハンドリーディングを行うと知り、日程を確認すると…
ちょうど実家に帰ると決めていた時。

実家近くの会場なのに、行かない理由はない!と即予約(笑)

 

ちょうどこの時の私は、アクセスバーズを受けてからの思考の変化なのか、今後リフレクソロジーをやっていく事に迷いが出ている時期でもありました。

何かヒントが見つかれば…そんな思いでいました。

タットさんのハンドリーディングは、手相ではなくて、手を通してこころの声を聞くというもの。

自分で気づいていない、こころの声を引き出してくれます。

セッションを楽しみにしていたのですが、セッション前日に迷っていた方向性についての答えが自分の中で出てしまいました(笑)

初めてのアクセスバーズの時もそうでしたが、申し込みをした時点でプロセスが始まることなどは度々あります。

 

解決してしまったけど、改めて尋ねると、仕事に対しての思いの根本を引き出してくださり、とても癒されました◎

穏やかに語る言葉の数々に「そうなんですよ!」と何度心で呟いたことか(笑)

タットさんはボディワーカーでもあるので、セラピストが陥りやすい傾向とか、それに対するアドバイスもしてくださって、違う切り口からの発見や確認ができました。

 

なかでもハッとした一言は…

「すごく大事なのは、あなたはパンを作る仕事も好きだっていうこと」

そうなんです、私はパンを作るのも好きだし楽しいです。

でもでも、パン屋の仕事とサロンワークを分けて考えてたんですよね。
どっちが好きとか、どっちの方がやりたいとか、決めなければいけないと思ってたんですよね。
(なんてこった!盲点でした)

まだまだ二極で考えて、ジャッジしている事を思い知らされました。

「どっちも好きな仕事なんだから、分けて考えることはないんだよ。
区別してるのはマインドだけで、本当は区別はないんだよ。
分けるってことで苦しみが生まれるんだよ。」

そうだ、私はパン生地に触れるのも、お客様に触れるのもどっちも好きなんだ(笑)

 

そして更に言われたのは、
「あなたはお客様に触れている時、頭ではなくて体が喜びを感じてるの。
しっかり自分の内側に入って、自分の心地よさと相手の心地よさにつながってるんだよね。」

これを聞いたとき、ずっと感じていたセッション中独特の感覚の謎が解けた感じがしました。

言葉にし難いですが、セッション中はただそこにいるだけって感じなんだけど、
どこか違うところに抜け出して行ってるような感覚なんですよね。

これはサロン勤務時代から感じていたことで、この感覚ってすごく気持ちいいんです。

今ふと思ったのは、この感覚っていうのがマインドから外れたところなのかもしれないなぁってこと。

まぁよくわかりませんが(笑)、今はパンも作りたいし、サロンワークもやりたいってこと◎

他に楽しそうな事がみつかったら、どちらも辞めるかもしれないし、辞めてもいいんだし。
とにかく身軽に生きたいものですね〜。

てか、つくづくタットさんのリーディングすばらしかったなぁ…
と振り返ってます◎

 
LINE@始めました☆

★ご登録いただくと、「天使との絆が深まる☆エンジェルリンクグリッド」1回プレゼント!

・先行のお知らせなどの情報配信
・ご登録いただいた方への無料イベント
(不定期開催の一斉ヒーリングやカードリーディングを企画しています)

などを配信しています。

LINE@のご登録はこちらから

または@grn3271tでユーザー検索か、 下記よりお願いします。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。