実家に帰ると、家族やペットにヒーリングする事があります。

そういうことに関心もなく、信じていないような家族ですが、私のやる事には「次はなに?」みたいな感じで興味はもってくれてるようです(笑)

体調の思わしくない父にヒーリングして「どう?」と聞いても、「よくわかんない」と言われるけど、勝手に私が何か始めても黙って受けてくれたり、「ちょっとここに魔法やって」とか言われたりするのでイヤではないんでしょうね(笑)

普段離れて暮らしていると、「元気にしてるかな?」「体調はどうかな?」と気になるものです。
特に家族となると、調子がよくない事を知ると心配になったりしますよね。
ついつい、自分ができる何かをしてあげたいと力が入ってしまったり、過度に感情が入ってしまいがちです。

今まで私は家族に対してそういう傾向がありました。

でも…
そういうエネルギーって重いんですよね。
相手に寄り添うつもりが、心配のエネルギーになってしまうと重いエネルギーになってしまいます。

それが吹っ切れたというか、頭でわかってはいながらも繰り返してしまっていた「心配」のパターンからようやく抜けたと感じました。

ちょっと私には照れる表現ですが、「心配しないで愛を送る」というのが腑に落ちたような(笑)

 

いつものように父にヒーリングしてたのですが、心配は捨てて、言葉(言霊)と共にヒーリングしました。
ここしばらく背中が痛いと言ってたので、「内臓からきてるのかもね〜」なんていいながら。

ヒーリングした事も忘れかけた時(笑)「背中が痛くない、2,3日続いていたお腹の不快感や痛みがなくなってる」と言われました。

いつもは「よくわからない、手があったかいな」くらいしか言わなかった父だったのに!

 

「そういう事なんだな」

そう思いました。

心配しても何も変わらない、それなら心配しないで愛を送るだけ。

それがやっと頭ではなく、感覚としてわかった感じです。

心配しないで、全てを信頼すること。
宇宙も相手も自分も。

土台となる大切な部分ですよね。

 

ここのところの第1チャクラへの集中ケアから得た気づきかも。

力を抜きながら精進します☆