自分の幼少時代をざっくり振り返ってみました。

 

小さな頃の私は、天真爛漫で子供らしい子供で沢山の人に可愛がられてきたそうです。

朝の日課は「おはようございます!」と町内を一周して、誰にでも懐く子供。

顔半分がヤケドでただれたちょっと怖いおじさんにも、他の子供たちは顔を見ただけで泣き出すのに、私は平気で懐いていたそうです。

「自分の事を見て泣かずに懐いたのはこの子が初めてだ!」とすごく喜んで、パチンコの景品で沢山食べきれないほどのお菓子をくれたんだよ〜と聞きました。

自分がもらった一欠片のチョコも周りに分けてあげるようなやさしい子だった、など数々のエピソードを聞いています。

そういう話を聞くと、ほんと天使みたいな子供だったんだな〜と思います(笑)

活発ではあったけど、とても繊細で、泣き虫で傷つきやすかった子供時代。
優しくて純粋なところに付け込まれるような体験を重ねていくうちに、どんどん心の傷は増えていきました。

活発だった私も、高学年になると内向的になっていきました。
ボスキャラみたいな友達による脅しを受けて、ビクビク過ごすようになったのです。
逆らえず、距離を置くことも許されず、とても苦痛でした。
いじめってほどではなかったけど、常にそのコに対しては怯えていました。

 

また、担任の先生から今思えばイジメだったんじゃないの?っていうような事をされたり、大人からもセクハラとも言えるショッキングな事を強いられたりしてトラウマに。
子供ながらに親には心配かけたくないと、自分の中に悲しい出来事は封印していました。

そうやって天真爛漫な子供から、だんだん人に対して不信感を抱くように、警戒するようになっていきました。

 

それとは別に小学3、4年生頃から、ちょくちょく霊的な体験をするようになっていました。
親に話しても信じてもらえず、誰にも言えず。
不思議だなぁって思いながら過ごしてきました(笑)

そんな事もあって、人には言えない事が増えていって、ますます心を閉ざすようになっていきました。

とは言っても表面上は変わらず、友達と普通に遊んだりしながらも、心に鍵をかけて色々と閉じ込めてきちゃったようです。

布団の中でバレないように泣いたり、神様(?)に話しかけたりもしてました(笑)

 

今では、数々のショッキングな出来事も、今まで体験してきた事全てが、必要だった事、かけがえのない体験だったと納得しています。

天真爛漫なチビ天使(笑)は、徐々に心を閉ざしていき、ネガティブの塊人間になって、最終的に心を壊しました。

そこから自分を癒す様々なことを模索して、今に至っています☆

今でも自分を癒す旅は続いているし、旅は終わりません。
(癒すって一言で表現するのはちょっと違うと思うけど)

そんな自分の体験をシェアすることで、誰かを勇気づけたり、少しでも心が軽くなればいいなと思っています。

言語化って難しいと感じるけど(笑)

 

すごく最近思うのは、どんな自分であっても(どう自分で感じていようと)結局のところ、素晴らしいことには変わりないって事に気づく人が増えるといいなぁって事です。