朝晩はだいぶ涼しくなってきたこの頃、特に夏らしい事しなかったなぁって振り返ってます。
毎年そうなんだけれど。

強いて言えば、detune.の「すこしふしぎぐ2016夏」に行った事くらい。
ほぼ毎日のようにアイスを食べていた事とか、そうめんばかり食べていた事とか。

もう夏も終わりだというのに、ちょっとヒンヤリした話とか不思議だった話を、覚え書きとして記そうと思います。
勝手にシリーズ化する事にしました(笑)
今日のは怖くない、おかしな話です。

 

小学校中学年くらいの事だと記憶しています。

家のサイドボードにあるカゴの中に「スマイル」目薬が置いてあったんです。

X336330H_Lたしかコレだったと思います。

前を通るたびに、このスマイルに目がいってしまう小学生でした(笑)
もしかしたら、意図的に見ていたのかもしれません。
そして、そのたびに「あ、目が合った」と心の中でつぶやいていました、日課のように。

ある日、いつものようにスマイルを見ながら通り過ぎようとした時、それは起こりました。

 

パチッ!

 

ウインクしたんですよ!

その様子は、もしこの箱が顔だけじゃなかったら、親指を立ててグッドポーズをしているであろうと思わせるウインクでした。

この時にはもう霊体験とかもしてたんですが、この出来事は不思議と怖いって思わなかったんですよね。

え〜!?何?って感じだったけど、楽しい、嬉しい気分になったんです。

 

それからいろんな人に話したけど、反応は割と冷ややかで(苦笑)、いつしか口外することは無くなりました。

「ふしぎちゃん出たよ!」ってまともに相手にされず笑われたりしたのでね。

 

最近この出来事を思い出して、天使とか妖精のイタズラ(サイン)だったんじゃないかなぁって思いました。

そんな事言ったら、とうとう頭わいちゃった?って当時の友人たちに言われそうですが(笑)

 

すこしふしぎなお話でした☆

 

☆無料メルマガ「手で幸せを紡ぐ☆monaLunaニュースレター」購読申し込みはこちら

☆キャンペーン中のワーク
クリスタルヒーリング
お財布ヒーリング

メニュー一覧

☆アベミキ作成!LINEスタンプ ヒゲオの日常
あなたの日常にチョビッとだけオヒゲのスパイスを添えてみませんか?