4月17日の朝、実家で約20年暮らしていた猫のルル(オス)が亡くなったと聞きました。

 

ルルはまだ生まれて間もない頃、エレベーターホールでずーっと鳴いているのを母が保護したのです。
飼い主が見つかるまで預かるつもりだったのが、いつの間にか家族の一員になっていました。

保護した時に声が枯れるほど鳴いていたので、もう声が出なくなっちゃったんじゃないかっていうくらい、それからは全くと言っていいほど鳴かなくなりました。

全然人間に媚びない、抱かれるのも触られるのも好きじゃないクールな猫でした。

そんな性格だったので、あんまり遊んであげた記憶もありません。

それでも一緒に過ごした時間を振り返ると、感謝の気持ちが溢れてきます。
クールで凛としていて、何かを悟っているかのような深い眼差しが印象的でした。
ルルに見られると、心の中を見透かされてるように感じていました。

 

2,3年くらい前に体調を崩して、もうダメなんじゃないかって家族で覚悟を決めた事もあったけど、それからも生き続けてくれました。

認知症のような症状もあって、ここ最近はあからさまに衰えていました。
多分、目も見えなくて鼻もきかなくて、耳も聞こえなくなってたんじゃないかな。

歩くのも壁にぶつかりながら、ご飯も流動食しか食べれず、見るのも切ない状態でした。

それでも、入院中の父の手術が終わるまで、頑張って生きてくれました。

私たち家族は、父が退院するまでは命がもってくれるといいねって願っていたけど、それには2日だけ間に合わなかったけど、よく頑張ってくれたと思うし、一生懸命生き抜いたと思います。

ルルも母に保護されて、すごく愛されて大往生で幸せだったと思うし、私たち家族もルルが来てくれたおかげで幸せでした☆

 

ルルちゃん、今までありがとう。頑張ったね。
お疲れ様でした。

 

猫って家族を守ってくれる存在なんだと思います。

つくづく不思議だなぁと感じる事がありました。

それについてはまた今度。

 

★ご登録いただくと、
「天使との絆が深まる☆エンジェルリンクグリッ1回プレゼント!

・先行のお知らせなどの情報配信
・ご登録いただいた方への無料イベント
(不定期開催の一斉ヒーリングやカードリーディングを企画しています)
・LINE@限定メニューのご案内


などを配信しています。

LINE@のご登録はこちらから

または@grn3271tでユーザー検索か、
下記よりお願いします。


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。