昨日のブログの続きです。

 

昨日書いた出来事から、父とルルのつながり、猫は家族を守ってくれることを実感しました。

ルルには、父が退院するまで頑張って欲しい‥

そうは思いましたが、言ってしまえばそれは私たちの都合でもあります。

頑張って欲しい、退院した父とルルを会わせてあげたい‥と願いながらも、一番に願うのはルルが最高最善のカタチ(というのもちょっと違うけど、言葉がそれしか見当たらないのでそう表現します)で生を全うする事でした。

どんな事が起こっても、どんな結果であっても、それを受け入れること。

それは常に肝に銘じています。

どんな事が起こっても、どんな結果であっても、すべて最善だと信じているから。

 

やっぱり可愛いペットや大切な人が辛いのを見ると、なんとか苦しみから救いたいと思ってしまいますよね。

そこで自分にできることとして、ヒーリングをしたりもしますが、ヒーリング=延命ではありません。
苦しみから解放される事は願っても、生きて欲しいと願うのとはちょっと違うんですよね。
(これも言葉に語弊があるかもしれません。)

私は今回の一件で、毎日家族とルルにヒーリングを送っていました。

相手の最高最善を祈ること。

結局はそれしかないんじゃないかと思います。

そうは思っていても、感情は爆発してよく泣いたり、悔しさ、やるせない思いで怒りまで湧いてきたりもしました。

相手の全てを尊重すること。

それもなかなか難しいと感じることは、未熟な私はまだまだありますけど。

 

この出来事で天の計らいかな?と思うことや、不思議なことが幾つかありました。

・実家に帰る予定はなかったのですが、母と電話で少し口論になったのが気がかりで、実家に顔を出すことにしたんです。
父にルルの写真が欲しいと言われ、じゃあその時に撮ってこようと思いました。
写真嫌いのルルが何枚も写真を撮らせてくれました。
そうして入院中の父に、ルルの姿を見せてあげることができたんです。

これがルルの最後の写真となったので、あのタイミング実家に帰ったこと、父に写真を頼まれたこと、全てがスムーズだったように感じています。

 

・ルルがもうダメかもしれないと聞かされた日の夜、私はお風呂で思う存分泣いていました(苦笑)
泣きながらルルの最善を祈り、ヒーリングを送っていました。
(何度か発作を起こしていると聞いていたので、この時点でルルの生死はわかリませんでしたが、とにかく祈り、ヒーリングしました)

その時に見たビジョンが、ルルが天使に囲まれているというものでした。

はっきり言って意味がわかりませんでした。

天使が守ってるから大丈夫だよ、という意味なのか、天使がお迎えに来たよ、という意味なのか‥。

どっちの意味でもあったのかもしれないし、意味なんか何もなかったのかもしれません。

後から知ったのは、この時にまだルルは生きていた、という事でした。

 

・ルルが亡くなった後、父のお見舞いに行った帰りのバスでの出来事。
その日は暑かったので、車内にクーラーがガンガンきいていて、鳥肌が立つくらい寒さを感じていました。
ルルとの思い出を振り返りながら、外の景色を眺めていました。
そうしたら鳥肌が立つほどの寒さなのに、膝の上に乗せた右手の甲だけ急に温かさを感じたのです。
何か球体が載ってるような、温かい感触がずっと続いていました。
都合がいい解釈かもしれないけど、私はルルが来てくれてるんだと思いました。
不思議な感触でした。

 

など、他にもあるんですが、これらは印象深い出来事でした。

 

とにかくルルには、感謝の気持ちでいっぱいです☆
肉体を通しては会えないけど、心の中では生き続けています。

 

★ご登録いただくと、
「天使との絆が深まる☆エンジェルリンクグリッ1回プレゼント!

・先行のお知らせなどの情報配信
・ご登録いただいた方への無料イベント
(不定期開催の一斉ヒーリングやカードリーディングを企画しています)
・LINE@限定メニューのご案内


などを配信しています。

LINE@のご登録はこちらから

または@grn3271tでユーザー検索か、
下記よりお願いします。


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。