「昨年末に宣告されたこと」の続きです。

 

なんとも言えない気持ちのまま、
2017年を迎え、実家から帰ってきました。

父の癌宣告を受けてから
私の上の人(とあえて表現します)に問いかけても

「大丈夫」

それしか返ってこない(笑)
(ていうか、上の人ほとんど”大丈夫”しか言わないし‥)

「大丈夫」だと感覚的にはわかるんだけど、
それでもモヤモヤ感は拭えず‥

 

家に帰ってきて1人になった瞬間、
涙が止まらなくて号泣。

数年前に夫さんが不思議な事故にあって
入院した時のように
さんざん泣きはらして決意しました。

父にとっての最善を祈ろう

私にできることをサポートしよう

てか、それしか出来ないよね‥

 

思い出した預言

さんざん泣きはらし、
ふと頭に浮かんだことがありました。

 

それは数年前、預言カフェに行った時のこと。

預言してくれた方は開口一番、

「病気の家族は心配しないでください」

そう言ったんです。

それを聞いた途端、涙がこみ上げてきました。

もちろん何も個人情報は伝えてません。

 

ちょうどその預言を受けた時は、
父が原因不明の肺に水がたまる症状があり
原因がわからないだけにモヤモヤしていました。
(いまだに原因はわかりません)

なので、この言葉を聞いて
とても勇気づけられ、安心しました。

 

詳しくは割愛しますが、

「あなたが必ず癒されると信じること、希望を持ち続けてください。‥‥
‥‥神様は病をレーザー光線で焼き尽くします」

そんな内容の預言でした。

 

これって今回のことも当てはまるよね?
今回のことじゃない?

と、ふと思いました。

このタイミングで数年前の預言を思い出したのも
上の人の計らいかもしれません。

 

そうして数日後に、家族で話を聞くために
病院に行きました。

 

 

「神に噛みついた話」に続きます。

 

★ご登録いただくと、
「天使との絆が深まる☆エンジェルリンクグリッ1回プレゼント!

・先行のお知らせなどの情報配信
・ご登録いただいた方への無料イベント
(不定期開催の一斉ヒーリングやカードリーディングを企画しています)
・LINE@限定メニューのご案内


などを配信しています。

LINE@のご登録はこちらから

または@grn3271tでユーザー検索か、
下記よりお願いします。


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。