少し前に、心屋仁之助さんのブログに
このような事が書かれていました。

★人の気持ちが分かりすぎる、HSPやら、エンパスやらの謎→☆☆☆

実は私もずっと、同じことを思ってました。

全ての人に当てはまるわけではないですが、
エンパスの方や敏感なゆえに悩んでいる方の中には

辛いこと、苦しいことには敏感だけど
ヒーリングなどのエネルギーは全く感じないし
色々セラピーやワークを受けてきたけど変化を感じたことがない

楽しいことがない、わかんない

感情に振り回されたくないから、
感じないようにしている・・・

 

だけども
人の顔色などは察したり、
ネガティブな感情は拾いやすい・・・

 

そういう傾向の方がいらっしゃるんですよね。

 

そんな時には

敏感で繊細なのだから、
本来はエネルギーを感じることも、
様々な変化を感じとることも得意だと思うんです♡

良い方に活かせば、素晴らしい能力だと思うんですけどいかがですか?

とお話しすることがあります。

 

それは私自身が
敏感さ、繊細さ、感受性の強さを
思わしくない方にばかり発揮して
苦しんできたからです。

 

敏感で繊細な方の多くは、
他の人の気にならない事に反応して
それを自分のパターン(思い込みや信念)で処理して
苦しくなる、生きづらくなる事が多いですよね。

それでも子供の頃って
割と自由に表現していたと思うんです。

そんな事ないですか?

 

「ネガティブ」には敏感に反応するけど
「ポジティブ」は見えづらい・・・

この思考のクセは、
インナーチャイルドが結構関係していると
思うんですよね。

 

子供の頃の私は、
小さなことにも大げさとも思えるほど喜んだり感動したり
嬉しさを全身で思いっきり表現していました◎

泣くときも怒るときも
全てに全力。

それが学校での集団生活など、過ごす環境のなかで
傷つくことに遭遇しているうちに
自分を守るために天真爛漫さを封印してしまいました。

 

このままの自分でいることは
周りの人に嫌がられる

嫌な目に合う

 

私の場合は、こんな風に
小さな頃に学習してしまったんですよね。

それからは生きづらい人生まっしぐら(苦笑)

どんどん卑屈になっていきました。

 

敏感で繊細、他人の気持ちを汲む事に長けている人は、
インナーチャイルドを作りやすい傾向があるとは思います。

・関連記事・
インナーチャイルドって?→★★★

 

インナーチャイルドは癒していくと
どんどん楽になっていきます♪

 

今までの思考のクセやパターンからも
解放されます◎

 

心屋さんもおっしゃってるけど

辛い方ばかりに
意識を向けるのはやめる

これはホント大事です◎

 

出来事一つにしても
自分がどこに何にフォーカスするかで
意味合いが変わってくるから
 

私事ですが、
インナーチャイルドをケアしていく事で
考え方が大きく変わりました。

ネガティブにばかり注意を向けて(勝手に)苦しんでたけど、
今はお気楽そのものです(笑)

 

どうせ私なんて・・・という思考は
どうせ死ぬわけじゃないし・・・に変わり(笑)

なんでこんな事が起きるんだろう・・・と悲観していたのは
生きてればいろんな事あるよね〜!に変わり

こんな自分はだめだ、いやだ・・・と自己受容できなかったのも
宇宙からみたらどうでもいい、ちっぽけな事だな◎に変わりました。

 

ぜひ、ご自分の物事の捉え方を見直して
どんなクセがあるのか探ってみてくださいね☆

気づく事がまず一歩!

 

マジカルチャイルド覚醒プログラムでは、
幸せ脳を手に入れるための方法をお伝えし、
カウンセリングで心の整理をして、
エネルギーワークやセラピーで実現を加速するためのサポート、伴走をしています☆

知識をいくら詰め込んでも
実践しなければ変わりません。

それに人は元に戻りたがる習性があるので
新しい刺激を受けても、元の慣れ親しんだ自分に戻ろうとしてしまいます。

 

単発のセッションでありがちな

・その場ではよくなった気がするけど、また元に戻ってしまった(と感じる)
・変化が自分では実感できなかった

という事をプログラムにする事で
確実に前進している事を感じられるように落としこんでいきます。

 

現在募集している体験セッション、
気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

体験セッション詳細はこちら→★★★

 
☆LINE@お友達登録募集中!!

友だち追加

【ご登録プレゼント】
天使に願いを♡

エンジェルリンクグリッド」→☆☆☆

・先行のお知らせなどの情報配信
・ご登録いただいた方へのイベント
(不定期開催の一斉ヒーリングなど)
・LINE@限定メニュー

など配信しています。

@grn3271tでユーザー検索か、
下記の読み取りでもご登録いただけます☆

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。