天使と共に♡
幸せを紡ぐナビゲートをする五十嵐結香です。



だいぶ間が空いてしまいましたが・・・

「天国から地獄へ」の続きです。

 

はじめから読むにはこちら→★★★

 

病院が変わり、
一度は違うと言われたけど
再び癌だと宣告されて
手術することになりました。

 

ここでもまた試練が・・・

 

手術当日、
家族も集まり
手術前の準備も整い、
あとは手術室に移動するだけとなった時。

 

緊急で手術が入り、
父の手術の開始が未定になりました。

この日に手術することには変わりないけど、
いつからか始められるか目処が立たず・・・

15時頃に手術予定のはずが
3時間以上経過しても音沙汰なし。

 

看護師さんも
なんとも言えない状況で
わかり次第連絡するというだけ。

 

あてもなく待ち続けるだけ・・・

 

みんな疲れてグッタリ。

バスもなくなるし、
私だけ帰るように促され、
しぶしぶ帰宅しました。

何時間も、何もなく
居心地の悪い病院の椅子で待たされ続けてる
母と弟も相当疲れていて、
やりきれない思いを残したまま。

 

 

結局、手術が終わったのは
夜中の2時頃。

医師も大変だなぁと、
そんな時間までかけて手術してくれたことには感謝。

昼の2時頃に病院に来て、
解放されたのが夜中の2時すぎ。

母も弟も、父も、先生も、
関わる人みんなが大変だったと思います。

 

看護師さんに聞いた話だと、
今回みたいに直前に緊急の手術が入ることは
すごく稀だそう。

そこで思ってしまったのが
「なんでこのタイミングで?
なんで私たちの時にそんなレアなことが?」
というなんとも言えない思いでした。

 

これが私たち家族が背負ってるカルマ
なのかもしれないなぁと漠然と思いました。

 

それでも無事に手術が終わったことに
心から安心したし、感謝しかなかったです。

 

術後の経過も良く、
無事に退院。

 

退院の日には
タイミングよく実家にいく事もできて
心あらたに、前に進んで行こうね!って
希望を持って支えていこうと意気込んでました。

 

それなのに、
退院後1週間で・・・

 

もし、あなたに同じ出来事が起きたら
どのように捉えますか?

 

続きます→★★★



☆*★*☆*★*☆*★*☆

♡現在ご提供中のメニュー→★★★

レイキ講習

ストーンコンダクター講座



♡LINE@で先行のお知らせや、無料・モニターイベントを配信

友だち追加

LINE@登録プレゼント!
守護天使からのプチメッセージ♡
詳細はこちら→☆☆☆

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。