天使と共に♡
幸せを紡ぐナビゲートをする五十嵐結香です。



家族の大腸ガンにまつわるシリーズ、
またまた間が空いてしまいました。

ゆるーく更新していきます。

「なんでこのタイミングで?」の続きです。

 

はじめから読むにはこちら→★★★

イラスト☆アベミキ

 

父が退院して、
ひとまず安心していたある日。

久しぶりに会う知人とお茶してる時に
母から電話が・・・。

 

「お父さん、また入院したからね。」

え?なんで?
血の気が引いていって、
胸がズキンとするのがわかりました。

 

退院して間もなく、
なんとなく調子が悪く、食欲もなかったそう。

それでも、無事手術は終わったし、
術後でまだ体が慣れてないくらいに思ったみたい。

そして最終的に
救急でまた病院に搬送。

不調を感じながらも、朦朧として気力もなく
限界まで我慢?してしまったみたい。

 

搬送されたところ、
大腸ガンの手術後によくある
腸閉塞(イレウス)になっていました。

 

通常の治療(管通して癒着を剥がすやつ)で良くなればいいけど、
それでも無理なら再度手術が必要。

その言葉にがっくり・・
というか唖然。

手術するから、癒着してイリウスになるのに
それをまた手術するなんて
いたちごっこじゃん・・・

それは避けたい!

そんな時に頭を駆け巡るのはこちら。

神様お願い!

こうして、
絶食して点滴から栄養補給して、
管につながった生活を
トータルで1ヶ月以上も送っていました。

 

私はできるだけ、行けるだけ
病院に通って父を励ます日々。

 

結局、管による治療では症状が改善せず
再度手術することに・・・。

 

手術は無事に終わり、
管を外す方向で、食事が取れるようになるまでのステップを
進めていました。

順調に回復していたある日、
処方された漢方薬が父に合わなかったらしく
吐き出してしまったことでステップはまた振り出しに戻り、
退院までの道筋が遠のきました。

父本人もがっかり、落胆。
仕方ないけどね。

退院に向けて一歩ずつ確実に進んでいこう!って
励まし続けていたのに・・・

 

またしても、
トンデモないことが起きてしまいました。

 

もう、ここまででもだいぶ試練だと思うんだけど、
さらなる試練が待ち構えていたんです。

 

続きます。



☆*★*☆*★*☆*★*☆

♡現在ご提供中のメニュー→★★★

♡LINE@登録プレゼント!
守護天使からのプチメッセージ♡
詳細はこちら→☆☆☆

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。