天使と共に♡
幸せを紡ぐナビゲートをする五十嵐結香です。



あなたは小さい頃、
親や先生に言われた事ないですか?

「調子に乗ってるんじゃないの!」

「いい加減にしなさい!」

「調子に乗ってると、痛い目に合うからね。」

これ言われてる時点で、
すでに痛い目に合ってますよね(笑)

 

 

私は、よーく言われてました。

というのも、
どこまでも、とめどなく調子に乗るタイプだったから。

同時に、
「糸の切れたタコみたいだ」
ともよく言われていたので(まさにその通りなんだけど笑)
「その調子、その調子〜♪」
って感じで、どこまでも行ってしまうんですよね。

でも、私にはそれで怒られるのが理解できなくて
「なんでダメなの?」
って、ずーっと思ってました。

なんだけど、
怒られるのが怖いから・・・
調子に乗る事を抑えてました。

 

だから、
「調子に乗るのはいけない事」
っていう認識がずーっとあったんです。

 

子供は、言う事を聞かざるをえない状況が
ありますよね。

親に嫌われるんじゃないか、
見捨てられたらどうしようっていう生存の恐怖すらも
感じたりします、子供ながらに。

 

 

「調子に乗ったらダメだ」
という風に刷り込まれ続けると
「自分のやる事に自信を持ったらいけないんだ」

いつの間にか、そういう解釈に変わってしまって、
自分に自信が持てない、自己否定の原因
になってるかもしれませんね。

 

これ、インナーチャイルドですよね。

だから、以前の私は
調子に乗ってる人がいると、
「なんか調子に乗ってるよね」って否定的でした。

自分が否定されてきたから、
気に食わなかったんでしょうね(笑)

 

調子に乗ったらいけないの?

 

そう聞かれたら、
今なら

どんどん調子に乗っていこ〜◎

って言いますけど(笑)

 

 

例えば、
初めて花火やって、火遊びが楽しくて、
それがエスカレートして家を燃やしちゃった(爆)

とかは「調子に乗んな!」の対象ですけど。

犯罪的だったり、悪意のある事に関しては。

 

そうじゃなかったら、
どんどん調子に乗っちゃっていいと思うんですよね。

痛い目になんて合わないから。
(言うならば、調子乗んな!って押さえつけられる事が痛い目)

 

それに、
調子に乗っても乗らなくても
どっちにしろいろんな事は起こるし、いろんな感情は生まれるから。

 

「調子に乗る」に似たニュアンスでよく耳にするのが、

「こんなに順調だと(いい事ばかり続くと)
後ですごく悪い事が起きそう、いやな事が起きそうで怖い」

と警戒するケース。

これも心配無用!

 

だって、
どのみちいろんな出来事は起こるし、いろんな感情は体験するから。

予防線張って、警戒しなくていいですよね。

まだ起きてもない事に、不安になる必要はないし、
その時に考えればいいだけ。

 

だったら、乗りに乗っていい調子を満喫して、
順調でいい事尽くしである現在を堪能すればいいんだと思います◎

 

 

そしてもし、あなたも私のように
調子に乗る事を抑えつけられてきたとしても
抑えつけた相手を恨んだり憎んだりする必要はありません。

きっと、その相手は
その方の経験や環境絡みで
「調子に乗る事はいけない事」だと信じていて、
教えてくれただけだから。
(これは、その方のインナーチャイルドの問題)

私やあなたを攻撃するため、
潰すための行為だったわけではないです。

 

 

私は、これに気づいた時から
自分の調子でしか生きてないです(笑)

 

最初は変な罪悪感みたいなものも出てきたけど、
いずれ馴れるし(その罪悪感に向き合い続けてれば)
断然に調子に乗らないで生きていた時より
今の方が楽だし幸せです♡

 

 

そうそう、私ここのとこずっと
調子に乗ってるんですが(笑)
調子に乗りはじめたキッカケだと思われる場所を
今度ご紹介しますね!

 



☆*★*☆*★*☆*★*☆

♡現在ご提供中のメニュー→★★★

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。