天使と共に♡
幸せを紡ぐナビゲートをする五十嵐結香です。



アベミキ☆Viewpoint in Flower

聞いた話なんですけど、
聞いてて、ついつい腹立っちゃった話がありました。

 

<Aさんの職場での話>

Aさんと同じお店で働いているBさん。

Bさんは、普段から
「私は、みんなから嫌われている、よく思われていない」

そんな事を口にしたりしていたそうです。

実際のところ、
周りの人のBさんへの接し方はわかりません。

とにかく、そんなスタンスのBさん。

 

ある日、Bさんは仕事中にもかかわらず
紙にずーっと何か書いていたそうです。

 

後になって、Bさんがやっていたことが発覚。

Bさんは、店長宛に手紙を書いていました。

しかも、
「Aさんの私に対する態度が、Cさんと違う」
という訴えや、お店の他の人に対する不満。

 

Aさんは、
それを知って驚きました。

仕事中に仕事もしないで、
店長に長々と手紙を書いていたのもそうだけど(苦笑)

 

Aさん曰く、
Cさんは入ったばかりの学生のバイトさんで
丁寧に仕事を教えていたそう。

それをBさんは、
私とは対応が違うと店長にクレームしたらしい(笑)

おいおい!(笑)

そりゃ入ったばかりの学生バイトCさんに教えるのと、
在籍長い40代Bさんには対応も変わるだろうに。

逆にいえば、
在籍長いBさんに、
新人Cさんと同じように対応する方が失礼なんじゃない?

 

Bさんをできない人認定してるような感じにならない?

 

でもBさんは、
「Cさんには丁寧に教えてるのに、私には冷たい」って。

冷たいっていうかさ、
新人さんには仕事教えて、
できる人には任せるでしょ。

いつまで新人気取りでいるんだろうか・・・
どこまでかまってちゃんなんだろうか・・・

 

 

この話聞いた時に、自分関係ないけど
「はぁー?何言ってんの!?」
ってちょっとBさんに腹立っちゃいまいた(苦笑)

 

もし私だったら、性格悪いから(爆)
「じゃあBさんは、どうしてもらいたいんですか?
どう対応したらいいんですか?」
って聞いちゃうと思うけど。

 

 

これには後日談があって、
ある時、スタッフルームにBさんの書いた手紙の1枚が落ちていたそうです。

 

そこに書かれていたのは、
一部だから誰に対する不満かはわからないけど、

・私の先入観で悪い印象を持ってるわけではない
・優しくしてもらいたいわけではない

と書かれていて、最後は、
「生意気言ってすみませんでした。
聞いていただけただけで結構です。
ありがとうございました」
と締めくくられていました。

 

言い逃げかよ(爆)

 

自分の鬱憤だけ晴らして、
解決は求めていません、聞いてくれてありがとうございました
って。

 

 

もうワケわからなすぎて、
ビックリしました(笑)

 

 

きっと、Bさんは
繊細で、人の顔色や言動などに敏感な人
きっとHSPの傾向があるんだと思います。

私自身、HSPですが、
気にしないようにする術は身につけたけど
人の顔色や言動、ちょっとした違いには
未だに敏感に反応します。

これは生まれ持った気質だから、
変えることはできません。

 

きっとBさんは、
ネガティブばかりにフォーカスしてしまうクセがついていて、
そうなってしまったのにも、インナーチャイルドとか、
様々な要因があるんだと思います。

だから、
Bさんが悪い!とか
そういう話ではありません。

Bさん自身、ツライだろうし。

 

かつての私は、
「被害者意識完全装備」で生きてたので
そうなんじゃないかなぁって思ってます。

勝手な憶測だけど。

 

 

そんな私がひとつ言いたいのは、

「自分を被害者としていることは、
相手を加害者に仕立て上げている、
加害者でもあるんだよ」

 

被害者意識って、
自分は悪くないのに!
自分は何もしてないのに!

私ばかりこんな目にあう!
あの人にこういう事をされた!

って感じじゃないですか。

 

それって、
自分が弱い立場であるという
思い込みや前提で
相手を勝手に悪者に仕立てあげてますよね?

 

勝手に加害者にされた方は、
たまったもんじゃない(笑)

「えっ?待って。
あの人の中で私、悪者にされてるの?
それってひどくない!?
ていうか、むしろ被害者ヅラしてるあの人の方が
よっぽど加害者じゃない!?」

 

そんな風に思われるかもしれませんよね。

 

悲劇のヒロインの脳内劇場の中で
勝手に加害者認定されちゃうんだもん。

そしてそれを、
周りに撒き散らされたら・・・(苦笑)

 

どっちが悪い、正しいとか
被害者、加害者という二元で考えても
なんの生産性もありません。

もちろん、二元の世界で生きてるので、
それが必要な事もあるけど。

 

 

悲劇のヒロイン、被害者意識から脱出したら、
視野が広がって、新しい世界が見えるはず◎

そっちの世界の方が、
楽だし、楽しいと思うけどな〜。

 

 

と、まぁ
この話に腹を立てた私ですが
その後、衝撃的な事が自分の身に降りかかったのでした!

続きます・・・

 



☆*★*☆*★*☆*★*☆

♡現在ご提供中のメニュー→★★★

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。